軽アイゼン

春山登山に向けて、わりと慌てて購入。
某ショップではディスプレイされていた商品が棚になく、
「これありますか?」
と聞いたら
「あ?すいません! ゴールデンウィーク終わるまでは切らしちゃいけない商品なんですけど……」
要するに品切れ。
まあどれ選んでもそれほど性能差は無いのかもしれませんが。
というわけで、某ショップになかった商品を他店舗で購入。
evernew.jpg
エバニュー 4本爪アイゼン バックル式
売り切れていた方の店舗で
「女性でも楽々装着のバックル式」
と書かれていたので、奥さん用(笑)。
バックルのところのレバー操作で締められるので、確かに簡単。
同じものじゃつまらないので、自分用には別のを購入。
mochiduki.jpg
モチヅキ mini-5
もっとも簡便なゴムベルトタイプ。値段も安い。
で、皇海山で早速装着して使ってみたんですが、私の使ってる安い方で十分実用的というか、あると無いとでは大違いの安心感でした。
エバニューの方は使ってないので何ともいえませんが、歩行性能に関しては大差ないかと。
差があるのは写真よく見るとわかるのですが、モチヅキの方は、白いプレートがすでに割れてます。
雪の付着を防ぐ「アンチスノープレート」という別売り(購入時に一組装着済み)の部品なんですが、単なるプラスチック(テフロン)の薄い板なので、まあ雪以外のところ歩けば割れるでしょう(笑)。
エバニューの方は弾力性のある素材の玉状の部品なので、もうちょっと丈夫だと思われます。
もうひとつ、モチヅキの方は、ゴムのばして金属製の爪ひっかける方式なので、はずれやすいです。
……実はもう、すでに片方無くしてしまいました(笑)。
ブログ漁るとやはり「無くした経験あり」という記述をそこかしこで(笑)。
このタイプ使うなら、なくさないように紐付けとくとか、ナイロンバンドに付け替えて使うとか、そういった工夫が必須でしょう。
ゴム締めれば締めるほど、外れにくくはなるでしょうが、その分はめにくくなる。
春山なら良いですけど、ちょっと寒いときには手が冷たくて付けるのが嫌になるかも。
利点は安い。
もう一個買い直して、やっとエバニュー一個分。
で、エバニューの方はというと、これはこれで十分なんですが、樹脂バンドなので持ち運び時にちょっとかさばる、というのが欠点でしょう。
袋に入れた状態だと
stuffbag.jpg
こんな感じ。
左側のモチヅキは、まあザックに放り込んでおいても気にならないサイズです。
エバニューも、重量は大差ないですし、それほど問題になるほど大きいというわけではないですが、比べるとちょっと大きいです。
そもそも軽アイゼンは
「持って無いとどうにもならない」
ような場所で使うべきではなくて、
「あった方が、より安全」
というようなものだと思います。
つけはずしに苦労が伴うようなものは、付けるのが面倒で使わなくなったりしてしまうので、装着が楽であることが最も重要な性能と言って良いように思います。
なので、今回の買い物は、持ち運びに多少難があることをさっ引いても、エバニューの圧勝(笑)。
持って行くのが面倒なほど大きかったり重かったりするならちょっと考えますが、それほどじゃないです。
で、片方無くしてしまった私の買い物は、もしかしたらまた別のにチャレンジするかもしれません。
今度はゆっくり選びます(笑)。
あ、ちなみに、片足だけでも付けてるとそれなりの効果がありました。
未装着を0、両足を100とすると、片足は50ではなく70くらいでしょうか。

Forerunner405など

バーゲン会場からの荷物揃った。

ホントに3つ、別々。
しかも、2番目に発送の連絡が来たケイデンスセンサーは、郵便局(RoyalMail)扱いの書留だったので、3番目に発送したForerunner405より2日遅れて到着。
まあ、送料無料なのでこっちがどうこう言うようなことでもないですが。
あ、そういえば有料オプションでクイックデリバリー選んでたのでそのせいか。
5ポンド程度だと思ったけど、それで3つ別々に送ってくるとは思わなかったよ、損させてスマン!
Forerunner405は、ちょっと大きい腕時計。
ちょっと前に流行った(?)SUNNTOの時計のような感じ。
以前使っていた301と比べて、だいぶ小さくなってますが、小さくした分バンド側にアンテナが張り出しているようで、腕へのフィット感はイマイチになっている。
まあ、301の時は
「腕になんか機械付けて走ってる」
感じなので、見た目はずいぶんスッキリしましたが。
Edge705にも共通するが、301と比べるとGPSの感度に著しい向上が見受けられる。
電源入れたときのアキュレーションが、数秒で完了。これはありがたい。
301の時は、家出るときに30秒?悪いときは1分以上、外で待ってた。
会社出るときはもっと悪くて、いくら待っても十分な精度が得られなかったり。
今は窓際なら屋内でもok。
とはいえ、301の「一台で必要十分」なパッケージングは素晴らしかったと改めて。
今回来たEdge705とForerunner405は、どっちかでは自分の用途を満たさないが、301は1台で何するにもokだった。