フットサル

ajisuta.jpg

味の素スタジアム横のフットサル場でフットサル。
調布は電車で行くとものすごく面倒なので車で出たら、30分で着いた。
(首都高西池袋から調布まで)

集合時間まで1時間以上あったので、隣の武蔵野の森公園を散歩。
調布飛行場の隣というか、飛行場の一部を公園として解放しているような感じ。まあ、以前は味の素スタジアム含むこのへん一帯が飛行場だったわけですが。
人見街道を挟んで野川公園にも隣接。多磨霊園とかいろいろありますこのへん。
ちょっと目に付いたのが近藤勇生家跡
人見街道沿いなんですが、単に石碑とかそんなのがあるだけじゃなく、「産湯の井戸」とか、向かいに「道場跡」とか残ってました。
歩いてこの辺うろうろしてたら、集合時間ちょうどぴったり。
フットサルはまあ、出ただけ(笑)。
Over40のチーム作ろうという話が出たが……社内ではメンバー揃う当てが無さそう。
あと2,3年たつと、下の世代が育って(笑)Over40で組めそうですが、チームからは20代がいなくなるかも(笑)。

【富士チャレX】雨で中止

富士チャレンジX参戦……雨で開催中止

まあしょうがないですね。
雨は早朝、一度やんでましたが、7時頃からは結構しっかり降ってました。
で、発表になったのは早朝4時台だったので、家出る前に調べればわかったんですが、調べずに家出て、東名走ってる最中にFM横浜聞いてたら「今日予定されていた……」って、ニュースじゃないんですが、DJが「中止になった」と言って、「ありゃりゃ」。
足柄のSAに車入れて(つまりもうほとんど着いてる(笑))、電話確認したら、家出る直前のタイムスタンプで、一緒に参加する予定だったO君から留守電入ってた。
「今到着しましたが、中止です」

わはは。
電話してみたらちょうど自宅に戻ったところ。コース徒歩でちょっと歩いたとのこと(笑)。
会場まで行けば、参加賞もらえるってことのようですが、ちょっと面倒なので回避。
で、朝7時、足柄。雨。
とりあえずコンビニ(ファミマがある)でマンガ買って(笑)、スタバ(下り線。上り線はタリーズがある(笑))でコーヒー買って、だらだらマンガ読みながら、時間つぶす。
<<続く>>

谷川真理ハーフマラソン

第十回 谷川真理ハーフマラソン 出た。約21.1km。

前々日に雨、晴天、微風、気温4度(スタート時)?7度(ゴール時)という最高のコンディション。
会場の荒川河川敷は、毎年風が強いのですが、今年は無風といってもいいくらいの微風。
もともとアップダウンはほとんど無いので、風がなければ最高のコースです。
前々日の雨のおかげもあって、土ボコリもほとんど立たず。
グランド部分はかなりぬかるんでましたが、レースには影響なし。
去年1年、自転車通勤もすっかり頻度が減り、ランニングの練習は(以前からですが)ほとんどゼロ。
タイムあがる要素は無かったんですが、ゴールしてみたら手元の時計で1時間58分。2006年、最初にこの大会出たとき以来3年ぶりに2時間切れました。
天候の影響はもちろん大きいんですが、自分の問題としては秋口から毎月1,2回山登ってたのがよかったんでしょう、多分。
優勝目指したりする人は、おおざっぱに言うとタイムが半分なので(笑)、月にせいぜい2回の山歩きだけじゃ、タイム落ちる一方でしょうが、2時間あたりウロウロしてる私レベルでは、じゅうぶんトレーニングになってた模様。
山歩きでは、いわゆる有酸素運動を5?7時間やってるわけで、もしかしたらジョギングするより効果的なのかも。急坂では無酸素状態になってると思われますが(笑)。
大会では2時間走ってますが、練習でそんなに走るのは無理です、私には。
で、GarminForeRunner405なんですが(笑)、この大会で本格デビュー。
ランニングでは「ペース配分」が非常に重要なんですが、通常のストップウォッチだと、コース上の距離表示(この大会では1kmおきに標識有り)を元に、その区間のタイム見て平均ペースを割り出す、ということになります。
これが、GPS付きだと、リアルタイムのペースが表示され、さらに1kmごとに自動的にラップ記録してくれるので、ペース配分が非常に楽になります。
さらに、心拍計も併用すれば、その時体にかかっている負荷も、かなりリアルタイムに把握することが出来ます。
実力をある程度把握していて、目標タイムが明確にあれば、タイムと距離から逆算して、保つべきペースを維持できてるかどうか、遅かったらちょっと上げて、速かったらちょっとさげて、あとは心拍見て無理のない範囲で、という完璧にコントロールすることも可能です。
はっきり言って、ちょっと反則気味(笑)に便利なツールなんですが、まあいくら高価な自転車買っても、それだけで一流レーサーになれるわけがないのと同じ理屈で、
「エンジンは自前」
ですから、数パーセントでしょう、有利なのは(笑)。
さらに言えば、私のように実力がよくわかっていない(=走り込んでいない)人には、ペースわかってもそれが適正なのかどうかわからない(笑)ので、あくまで目安です。
それでも、何度か走っていると、どのくらいのペースなら無理なく長い距離走れるのか、どこまで心拍上げると息上がって苦しいのか、というのを把握するには非常にありがたい。一度使ってしまうと、二度と手放せないツールです。
で、いままでは「苦しかったらペース落とせばいい」、と、心拍のことはあんまり考えてませんでした。
心拍センサーを胸にバンドで付ける(ブラジャーみたいな感じ)のもちょっと鬱陶しくて、計測もしてなかったんですが、今回は久々に付けてみました。
心拍見てペースコントロールする、というところまでは行かない(というより、自分の心拍と体の関係がわからないと出来ない)んですが、レース中上り坂でちょっと息上がってるな、というときの心拍数みて
「おお、上がってる上がってる」
と、数値で確認できるのは楽しいです(笑)。
で、家帰ってからログ見てレース展開を振り返るのも楽しい。
あんまり細かいことはともかく、続けてれば自分のレベルとか、自然と把握できるようになります。
とはいえ、走るのが1年ぶり、とかなってしまうと、レベル自体が変動してしまうので参考にしようもないのですが(笑)。
Forerunnnerによる記録
合計距離 21.22km
所要時間 1:58:11.57
平均ペース5分34秒/km
平均速度 10.8km/h
最高速度 14.3km/h
合計カロリー 1320cal
(心拍は次のエントリーで)